小顔矯正施術が人気の理由【顔全体の印象を希望通りに修正】

サイトメニュー

原因に合わせた治療が可能

顔に触れる女性

長期の持続効果が嬉しい

美に関する治療をトータルで提供している美容整形外科では、原因に合わせた小顔矯正を各種取り扱っています。例えば同じ角張り顔でも、咀嚼筋の発育過多が原因であれば、強いて骨をいじる必要はなく、ボツリヌス製薬を注射するだけでも改善できるのが特徴です。一方、脂肪過多が原因で顔が大きいケースでは、脂肪溶解注射が最適な小顔矯正となっています。脂肪溶解注射は顔の脂肪を分解除去できるのが大きな特色で、ボツリヌス製薬では対処できない贅肉由来の状況に効果的です。しかも注射ですから、エラだけでなく頬や顎など、気になる所の贅肉を部分的に処理できます。骨の構造に原因がなければ注射治療でも素晴らしい効果を狙えるため、お手軽な治療だからといって侮れません。ですが、エラの張りなどが骨の構造に問題があるのなら、骨削りや骨切り治療が効果的になります。特に骨切り治療はカットした骨の角度を自由に変えられるほか、前後左右へも自在にスライドできますから、希望に沿ってフェイスラインを整えられるのです。フェイスラインや顔の大きさにまつわるコンプレックスを解消するため、美容整形の小顔矯正を受ける方が増えています。その一因には現在の小顔ブームもあり、マッサージでは満足できなくなった方が、小顔効果を求めて美容整形外科を利用される場合も少なくありません。むくみの改善など、マッサージでも一時的に小顔へなることは多々ありますが、持続効果に関してはご不満を持たれる方もいらっしゃるのです。その点、美容整形外科の小顔矯正は、骨削りや骨切り治療ならほぼ永久的に小顔を保てるなど、永続的に改善したい時にも最適です。メス不要のボツリヌス製薬の小顔注射ですら、半年もしくはそれ以上の持続効果を望めますので、手軽に長期間小顔を維持したい場合にもピッタリとなっています。一方、美容整形の小顔矯正は別の目的でも利用される場合があり、歯ぎしりの改善もその1つです。歯ぎしりは、ともすれば歯が欠けてしまい、顎関節症も引き起こすため、昼間も無意識に奥歯をかみしめる人にとっては深刻な問題になります。そして、この症状ではボツリヌス製薬をエラへ注射する小顔治療が活用でき、筋力を弱める薬効から、歯ぎしりを的確に抑えられるようになるのです。

Copyright© 2018 小顔矯正施術が人気の理由【顔全体の印象を希望通りに修正】 All Rights Reserved.