小顔矯正施術が人気の理由【顔全体の印象を希望通りに修正】

サイトメニュー

医師と認識を合わせよう

ボディ

医療だから効果が望める

魅力的な小顔は憧れの的ですが、理想のフェイスラインは人によって微妙に違います。これは美容整形外科で小顔矯正治療を受ける場合、特に重要となり、理想の仕上がりイメージを医師と共有しておくことが欠かせません。頭に描いたデザインを共有しておきませんと、施術は成功しても、希望と違う仕上がりになるかもしれないため、注意すべきポイントです。自分では当たり前のことでも、執刀医が同じ認識を持っているとは限りませんから、些細なことでもキチンと伝えておきます。そして、要望を話すタイミングがカウンセリングですので、小顔矯正治療を受けるなら、カウンセリングに時間を掛けてくれる美容整形外科を選びましょう。一方、今では切らない小顔矯正治療が登場しており、ボトックス注射と脂肪溶解注射が主流となっています。どちらも数回注射することで小顔効果が向上しますが、治療サイクルはそれぞれで異なるため注意が必要です。脂肪溶解注射は比較的短期間で治療を繰り返せるのに対し、ボトックス注射は少なくとも4か月程度は追加治療ができませんから、混同しないように気を付けましょう。医療行為として小顔にしてくれるため、美容整形外科の小顔矯正治療は、マッサージなどと違い優れた結果を期待できるのが魅力です。その方法もメスを使った手術から、メス不使用の治療まで豊富に揃っているため、外科手術をしたくない場合でも、治療を受けられるのがメリットになっています。また、注射方式の小顔矯正治療には、小顔を妨げている原因別に最適な方法が用意されており、それぞれの人にピッタリな施術が可能なことも利点です。もしも、頬やアゴ下などにタップリと贅肉が付いている場合には、脂肪溶解注射が最適で、ダイエットをすることなく余分な脂肪を取り除いてくれます。しかも分解した脂肪は最終的に体の外へ排泄されますから、リバウンドしないのも脂肪溶解注射の強みです。そして、咀嚼筋の張り出しが原因でエラが大きくなっている場合は、ボトックス注射が効果的になります。ボトックス注射は脂肪に対して効き目はありませんが、筋肉を細くすることに関しては優れた効果があるのです。さらに脂肪溶解注射とボトックス注射は平行して行えますので、贅肉とエラの筋肉を両方改善したいなら、覚えておくと良いでしょう。

Copyright© 2018 小顔矯正施術が人気の理由【顔全体の印象を希望通りに修正】 All Rights Reserved.