小顔矯正施術が人気の理由【顔全体の印象を希望通りに修正】

サイトメニュー

骨切り手術の流れ

カウンセリング

仕上がりイメージを明確に

小顔に矯正する整形手術には、美容外科手術とメスを使わないプチ整形があります。確実性と半永久性を求めるなら、美容外科手術が第一選択です。小顔矯正の整形手術にはエラ削り、オトガイ削り、頬骨削りの3種類があり、組み合わせての手術も可能です。一箇所を削ると顔全体のバランスが崩れることもあるので、カウンセリングで術後のイメージ画像などを見ながら医師と話し合うことが大切になります。医師はできるだけ仕上がりのイメージに近づけるべく提案してくれるので、必ずしも希望する施術法がおすすめされるわけではありません。カウンセリングを受けるには、電話やメール等での事前予約が必要です。予約当日は、問診表に情報を記入してからカウンセリングに入ります。そしてカウンセリング終了後は、希望の手術にかかる費用が受付で提示されます。それを持ち帰り検討した上で手術を決意したら、改めて手術日の予約を入れます。美容外科手術は高額な費用になるため、ローンの場合は返済計画をしっかりと立ててください。小顔に矯正するためのエラ削りやオトガイ削り、頬骨削りの整形手術は、口腔内からメスを入れて骨を削る方法が一般的です。手術のアプローチや仕上がりを明確にするために、CTで取得したデータを基に3D模型を作って削るラインを決めます。それから手術は全身麻酔をかけて行い、所要時間は大体2、3時間が目安です。入院は必要ない場合が多いですが、クリニックによっては1、2日ほど入院します。術後は包帯を取ったり経過観察したりするため、通院する必要があります。小顔矯正の整形手術のダウンタイムは2週間から4週間となり、強い腫れと痛みを伴う可能性があります。人によっては化膿する場合もあるので、その場合は早めに再診してください。唇の感覚が鈍くなるダウンタイム中は、熱いものを食べるときに気をつけます。また、大きな口を開けることや、硬いものを食べるのが難しい可能性もあります。術後で大切なのは、始めの5日間です。横になった状態は顔に血液が集まり腫れがひどくなるので、昼間は体を起こして過ごします。

Copyright© 2018 小顔矯正施術が人気の理由【顔全体の印象を希望通りに修正】 All Rights Reserved.